女性専用サロンも!ホットヨガですっきりボディ

トップページ > ホットヨガについて > ホットヨガスクールの規模による違いとは

ホットヨガスクールの規模による違いとは

 現在日本ではかなり人気の習い事となっているのが、ホットヨガです。
 人気が高まると同時にスクールの数も増えていき、今では日本全国、ホットヨガのスクールは数え切れないほどになりました。
 そのためどういった基準で選べばよいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。
 ヨガスタジオは、大きく分けると二つに分類されることになります。
 それが、大きいヨガのスタジオか小規模なスタジオかという違いです。
 どちらのスタジオが良いとは一概に言うことはできず、大きなスタジオと小さなスタジオとでは、それぞれにメリットとデメリットに違いがあります。
 通う人により、どちらが適しているのかには必ず大きな違いがあるので、大きなスタジオと小さなスタジオのメリットとデメリットを把握した上で選びましょう。
 

 大きなスタジオの場合、一回当たりの受講で受け入れてくれる人数も多くなっているので、比較的予約が取りやすいというメリットがあります。
 そのため、金曜日の夜や土日といった受講者が集中しやすい曜日や時間帯でも比較的容易に予約を取ることが出来、通いやすいという傾向があります。
 それだけではなく、設備もシャワー室やパウダールームがあったり、メイク道具やシャンプーなども置いてあったりと、サービス面が充実していることが多いです。
 大規模なスタジオの場合には、日本全国様々な地域にあることが多いというのも魅力です。
 引っ越しをしてもスタジオの移動が出来て、辞める必要がありません。
 しかし、インストラクター一人に対して受講する生徒の数が多いので、分からないことを聞かかとがなかなかできないという人も多いです。
 

 その一方、小規模なスタジオの場合には、インストラクターと距離が大規模なスタジオと比べた時にはかなり近くなっており、生徒の数も少ないのでプライベートレッスンのような感覚で通うことが出来ます。
 分からないことがあった際には気軽に聞くことが出来るというのは、初心者にとってかなり大きな利点となります。
 それだけではなく急な時間の変更があっても臨機応変に対応してもらえる可能性も高いです。
 インストラクターや通っている生徒と仲良くなれ、仲間が出来やすい傾向が高いのも小規模のスタジオのメリットといえます。
 しかし大規模なスタジオとよりも設備が少し劣っていたり、金額も少し高めになっているところが多く、規模が小さい分予約が取りづらいといったデメリットもあります。
 どちらが良いのかは、よく比較してから決めましょう。
 

次の記事へ

PAGE TOP